トピックス

昔の高度成長時代とは違い、良い物は売れるが、いいかげんな物は売れない時代になりました。

その中でも建築業界は特に厳しい選別の時代になっています。

消費税が10%になり、新築棟数が減少した場合、将来倒産ということも考えられます。

知名度の低い業者は儲からないと分かると撤退も早いし

最悪、倒産した場合は約束したアフターサービスは受けることができません。

家というのは住んでみてからのさまざまな不具合、メンテナンスにたいする保証が一番大切です。

信頼の置けない会社で建築すると、たとえ割安でも、いいかげんな工事が多いのです。

被害に遭いながらどこにクレームを持って行ってよいか分からず、泣き寝入りをしている人が多いのです。

不運だったというのにはあまりにも犠牲が大き過ぎると思いませんか?

その業者を選んだのは・・・つまり自己責任なのです。

マイホームを建てるまでも大切ですが、建ててからはもっと大切ですよ。

必ず保証について確認してみてくださいね。

 

カテゴリー | トピックス

銀行から融資を受け、夢のマイホームを手に入れた後に、

万が一、働き盛りのご主人に何かあれば、収入が途絶えて住宅ローンが払えなくなり、

マイホームを手放さないといけないと思われている方は案外多いようです。

 

しかしご安心下さい。住宅ローンには万が一に備えて

生命保険が組み込まれています。(団体生命保険)

賃貸の場合、ご主人が万が一のとき、保障はなく、その後の家賃は

永続的に必要となりますが、マイホームの場合、団体生命保険により、

住宅ローンの残額全てが返済されます。つまり奥様や子供さんに家は残せて、

しかも住宅ローンは残らないという仕組みになっているため、ご家族にも安心です。

ですからマイホームはご家族を守る大切な保険と言えるのです。

ということで、住宅ローンを組むことで万一に備えられる為、

今加入している生命保険を見直すこともでき、今よりも毎月の保険料を安くし、

その分をローン返済に廻すことも可能です。

 

最近はFP技能士さんを紹介してくれる住宅会社もある為、一度相談してみて下さいね!

カテゴリー | トピックス

住宅ローンの申し込みをすると、銀行側は住宅ローンを貸しても大丈夫かどうかについて審査を行います。

審査の内容としては、勤続年数や年収などをチェックしますが、

一般的に住宅ローンの融資条件は勤続年数1年以上となっています。また、自営業の方の場合は

会社員の方より審査が少し厳しくなっています。

審査としては、土地と建物に抵当権を設定して、いくらぐらいの融資が可能なのかを調べる

「事前審査」、そして具体的に計画が進むと「本申込み」へと審査が進み、「本申込み」でOKになると、

実際に融資を受ける「金消契約」の申込みをし、融資金額が確定します。

少し複雑なので、ご計画が前に進みそうな場合は、

信頼できるファイナンシャルプランナーに相談されるのが安心だと思いますよ。

カテゴリー | トピックス

建築基準上、建物を建てる敷地は、原則として幅員4m以上の道路に

2m以上に接していなければならないという接道義務があります。

敷地が道路に接していないと、家が火事になった際、

消防自動車が入ってきて消化活動をすることができないからです。

土地の資料の道路や備考欄に「不適合接道」や、「再建築不可」

などと記入があればその土地は買ってはいけません

「不適合接道」とは土地が道路に2m以上接していないので家は建てられませんということです。

また「再建築不可」とは今のまま住むのはいいが、文字通り建替えはできないという意味です。

それでは4m未満の道路では、接道していても家は建築できないのでしょうか??

答えはNOです。

4m未満の道路でも建築基準法上の道路として認められている道路もあります。

「42条2項道路」といわれ、建築基準法の施行以前からある道路で、

これから家を建てるときは、道路の中心線から2m後退して建築を計画してください、という意味です。

これをセットバックといい、そういう土地は非常に安く設定されている場合もあるので、

道路が狭いということが気にならければ、お買い得かもしれません。

カテゴリー | トピックス

外出中に突然雨が降ったらどうします?

共働きの方は仕事の手を止めて家に帰るわけにもいかず、大変ですよね。

出来れば、バルコニーを少し手前に引いて、屋根がある程度バルコニーに覆いかぶさる

ようにすれば良いと思いますがいかがでしょうか?

今はまた、いざという時のために室内物干しを備え付ける方が増えています。

普段は2階の屋根裏に収納されていて、いざ雨が降ると天井から降ろせるという代物です。

又は、カーテンの上に設置し、いざという時に引っ張り出せるというタイプもあります。

洗濯物は脱水していてもかなり重くなるため、室内物干しを施工する場合下地補強がいります。

プランニングの際にあらかじめ計画した方が良いですね。

カテゴリー | トピックス

キッチンで夕食の準備をしながら洗濯物をたたんだり、

お風呂の掃除をしたり…。

どの御家庭でも奥様の毎日の家事は大変ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、できる限り線は短く、

「効率良キッチン、洗面、バス、トイレなど水廻りの家事動く」

を心がけましょう。

何といっても奥様の家事は365日、休みがありませんから!

キッチンのすぐ傍に洗面や洗濯機があり、行き来しやすければ毎日の炊事洗濯も、楽しくできると思いませんか?

住み心地の良い家は「家事動線」で決まりますよ!

 

カテゴリー | トピックス

総合展示場に行くと50~60坪の大きくて豪華なモデルハウスが競い合うように建っていますよね。

しかし大きな家ほどキッチンと洗面、風呂が離れていたりします。キッチンで夕食の準備をしながら洗濯物をたたんだり、

お風呂の掃除をしたり・・・と奥様の毎日の家事は大変ですよね。ですから、できる限り

キッチン、洗面、バス、トイレなど水廻りの家事動線は短く、「効率良く」を心がけましょう。

何といっても奥様の家事は365日、休みがありませんから!

キッチンのすぐ傍に洗面や洗濯機があり、行き来しやすければ毎日の炊事も楽にできると思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住み心地の良い家は「家事動線」で決まります!

カテゴリー | トピックス

土地を探すときのチェックポイントは水道、電気などのライフラインの確認や、

学校や最寄り駅までの距離がどれくらいか、などチェックすることはたくさんあります。

そして希望の土地が見つかりましたら、住宅会社の営業担当者に相談し、

土地の仮契約から本契約、銀行の事前審査や、土地の決済

までおまかせしましょう!

「土地の買い付けから契約までの流れ」

1.希望する土地が見つかったら、その土地が売れてしまわないように

「買い付け」という仮申し込みをします。

2.土地や建物以外の銀行の保証料や登記代、火災保険などの諸費用を含んだ資金計画を作成する。

3.銀行で事前審査を受けて融資の了解をいただく。

4.建物プランが決定し、資金計画通りであれば土地と建物を契約し

銀行の本申し込みを受けて、承認をもらう。

5.銀行から承認が出たら土地の決済をして、司法書士の先生にお願いし、

土地の名義を変更する。(所有権移転登記)これでその土地はあなたの土地です。

カテゴリー | トピックス

お子様の小学校校区をきじゅんに土地を探されている方が多いと思いますが、

小学校に通学するのは、たったの6年間のみです。

しかし、そこで生活するのは一生です。

小学校校区にこだわるのも大切ですが、こだわりすぎると、

希望の条件に合う土地はなかなか見つからないかもしれません。

小学校校区にこだわらず、エリアを広げることで条件の良い土地が見つかる可能性は高くなると思いますよ!

そして、南向きで駅やスーパーも近くにあり、交通の便利な土地は価格も高く設定されています。

土地代が高くても、毎月の住宅ローンの支払いが高くてもいいのか、価格が安くて、

無理なく支払っていける土地を探す方がいいのか、十分に検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

カテゴリー | トピックス

お客様とのプラン打合せで

「和室は必要ですか?必要であれば何のために使われますか?」

という質問をよくします。

答えが「赤ちゃんや子供が昼寝をするため」とか、「お客様にくつろいでいただくため」ということであれば、

北に配置するのも良いのではないでしょうか?昼寝をするためなら直射日光の当たる南側より、

光も弱くひっそりとした北側の方が良い場合もあります。

 

風の通る和室は本当に気持ちいい

 

 

家の設計は風通しを重要視します。休日の昼下がりに和室に寝ころがってうたた寝をしているようなとき、

そよ風があると本当に気持ちが良いものです。

最近では和室がない家も多くなりましたが、リビングの一角に三帖ほどの畳コーナーを設置する方も増えています。

子供のオムツ交換やお昼寝の時に親の目が行き届きますし、リビングを広く見せたいという理由からです。

和室が必要かどうかは自分の生活スタイルを考えてみてからでもよいかもしれませんね。

 

 

 

カテゴリー | トピックス
1 2 3 9

お電話でもお気軽にどうぞ

092-836-8990

受付時間:10:00~18:00